憧れた世界へ! 俳優になるために演技が学べる、スクールについてお教えします。

学校で学ぶことで、憧れの俳優になる!

名乗ったら俳優、でも演技をどこで学ぶ?

それでは誰でも今すぐ俳優になる方法をお教えしましょう、「私は俳優です!」と宣言してください、その時からあなたは「俳優」になったのです。
なぜなら俳優には資格も免許も必要ないので宣言してしまえばあなたも俳優です。
アカデミー俳優も、自分の劇団を持っている俳優も、ドラマの死体役の俳優も、高校の演劇部の俳優も、全て同じ俳優なのです。

では、俳優は宣言だけすれば良いのかと言えば当然違います。
演技を学び、役を理解して、役を演じて、人々に感動を届けて初めて俳優と言えるでしょう。
それでは演技をどうやって学べばよいのでしょうか?
代表的な方法は2つです。
オーデションに合格して養成所で演技を学ぶ。
専門学校に入学して演技を学ぶことです。



日常的に演技力を磨こう

俳優になる為には、常に演技力を磨く習慣を身に着けることも大切です。

出来事と感情の記録をしよう
演技力は体験と感情のストックがものを言います。
例えば怒りに関しても、不条理なことへの怒りは想像がつきますが、面白すぎて怒りが沸いたことや自分でも驚くほど細かいことで怒った事などを記録し、それぞれの感情の動きなどを分析することで、怒る演技に対して様々なパターンを持つことができます。
感情や出来事をメモする習慣はぜひ始めてみてください。

様々な役になったつもりで作品を観る
映画、ドラマなどを観る時、多くの場合主人公に近い心情で作品を観ているかと思いますが、悪役や脇役になったつもりで作品を観ると様々な発見があります。
まず悪役や脇役の視点でその物語を認識することで、物語をさまざまな視点で理解する練習になしますし、また実際の役者さんたちの役柄の取り組み方を参考にすることもできるようになります。


この記事をシェアする