憧れた世界へ! 俳優になるために演技が学べる、スクールについてお教えします。

レッスンの内容と俳優に必要な能力

演技力を磨くレッスンとは?

感情開放のレッスン
演技において最も大切な感情の表現を磨くレッスンです。
感情開放と呼ばれる方法で、喜怒哀楽の幅を広げるトレーニングを行います。

身体表現のレッスン
体を使った表現方法を行うために体の動かし方を学びます。
パントマイム、ダンス、ストレッチで基本的な体のコントロール方法を学び、演技に合わせた体の表現の訓練を行います。

発声と滑舌
発声と滑舌はハッキリと内容を表現するために必要なトレーニングですが、それだけではなくセリフで感情を表すための訓練でもあります。

台本を使ったトレーニング
台本を使い、役を演じるトレーニングです。
台本から役への理解を高める力と、他の役との関係性や与えられた設定の表現を想像する力が重要です。

即興演技
台本を使わず、その場で出された設定に合わせて演じるトレーニングです。
想像力と対応力が養われます。

俳優の求められる能力

演技力
演技力とは「想像力+表現力」の事です。
俳優は多彩な役を演じなければなりません。
殺人鬼、大統領、芸術家、スポーツ選手、軍人、僧侶、エンジニア、宇宙人、妖精など現実に存在しない人物すら、演じなければいけません。
その時発揮されるのが想像力です。
存在しない人物の感情や行動を、台本を元に想像力で実在の人物のように作り上げるのです。

身体のコントロール
体の動きも大事な表現であることを考えると、アスリートの様な身体コントロールは必要ないかもしれませんが、演じられる役の幅を広げるためにも体のコントロールは必要な能力だといえます。

体調管理
役者は体が資本です。
通常の会社なら体調不良で代わりに仕事をしてもらっても問題ありませんが、役者の場合なかなか代役は立てられません。もし多大な迷惑をかけ代役が立ったならば、あなたの評判は下がりオファー少なくなるでしょう。


この記事をシェアする